2017年1月21日土曜日

Oasis Supersonic を観て(の考察じみた独り言)

ブログは(少なくとも定期的には)書かないと数年前に決めたけど、久々色々書きたいことがあって書いてみた。

お題は映画「oasis: supersonic」。90年代を席巻したイギリスのロックバンドのドキュメンタリーだ。彼らの生い立ちから、デビューからの3年間の絶頂期をバンドの中心人物ギャラガー兄弟(兄:ノエル、ギターと曲作り担当、弟:リアム、ボーカル担当)、および関係者の「現在の」インタビュー音声を当時の映像に被せながら流す構成になっている。基本的にインタビューに答えている人の現在の映像はほとんど出てこない。(兄弟についてはゼロ)


ドキュメンタリーの主なタイムライン94年から96年はちょうど自分も広島の片田舎から東京に出てきてバンドを始めた時期。当初はガンズアンドローゼズのようなハードロックに影響されていたが(そういえば今日は再結成後の日本公演の初日!)、徐々にブリティッシュロックの洗礼を受け、オアシスは最も影響を受けたバンドだ。


僕は彼らとは国も育った環境も全然違うし、当時プロを目指していたかというと、否定もないが肯定もないような中途半端な状態だったけど、(そして今はもちろんロックスターではない)未だに自分の価値観の重要な部分を占めている存在に変わりはない。

自分の結婚式の二次会は友人とバンド演奏したし、20代の頃の怠惰で快楽主義な日常は(でも労働も頑張る部分も込めて)彼らの主張に通じるものがある。

映画でも語られているが彼らの絶頂は90年代中〜後期であり、その後は兄弟以外のオリジナルメンバーは次々と抜け、別のバンドのフロントマンで結成したドリームチームでしばらく活動を続けていたが、2009年のツアー中の大喧嘩を最後に解散してしまった。

僕自身の2000年以降の関わり方は、アルバムが出ればとりあえず買い、英字サイトで最近の動向をチェックするぐらいだった。

そうした存在のバンドのドキュメンタリー、正直表現されている内容はほとんど既知のものだったが、昔の未公開映像、音源が多数あるという制作側の思惑にまんまとのせられて、何回か迷った挙句(仕事が忙しい家庭持ちにとって一人で2時間の映画を観に行くのはちょっとした決断がいる)、観に行くことにした。


観に行った感想だが、結論としては行ってよかったし、「オアシスファンでなくとも」オススメの映画である。

内容の細かい感想などはもっと文章の上手い人のブログや映画レビューサイトにたくさんのっていると思うので、僕はなぜファン以外でもおすすめなのかと、同時にちょっともやもやしていることを考察じみて書いてみたい。

オススメの理由:
彼らのセカンドアルバム「モーニング・グローリー」 は世界中で売れ様々な賞も取り、少なくともバンドマンの間では相当有名な「洋楽バンド」なはずだが、日本の一般的な知名度でいうと、「ビートルズ」、「エアロスミス」あたりに比べると低いのかなーという印象だ。特に今の20代とかだと知らない人多数なのではと思う。
そんな彼らだが、「知らないバンドのドキュメンタリーを見て何が面白いのか」に対する答えとしては、単純に「物語として面白い」だ。
ドキュメンタリーに対して物語というのも変だが、とにかくギャラガー兄弟が濃すぎる。もうこういう濃いキャラの人たちは出てこないんだろうなーというぐらい濃く、それを取り巻くエピソードも下手なハリウッド俳優の演じる創作サクセスストーリーよりよっぽど刺激的で面白い。

 そして、本人達がコメントしているが「インターネット以前(正確には普及以前なのだが)だから起こり得たマジック」をインターネット後の目を通して見てみるのもちょっと大人な楽しみ方だ。(これは後述の考察に続く)

 「インターネット以前は1つのことに対する重みが大きかった。音楽を聴くこと。誰かと時間を共有すること。今はそれらは流れて行くものだろ?(確かこんな感じのことノエルだかが言ってた。正確ではないかも)」の言葉に象徴される通り、素質(声や見た目、作曲)と運命(家庭環境、出会い)が口コミや雑誌といった限定的なメディアによってうまく伝説化、神格化されムーブメントに繋がっていったのがこの時代(とそれ以前)の特徴かなと思う。

この映画を見るといかに彼らの活動と成功が微妙なバランスやさじ加減で成り立っていったかがよくわかる。 表面上は好き勝手やっているし、本人達もそこまで深い考えもなかっただろうが、ファンとアンチ、真面目な部分とダメな部分、クリーンな部分とダークな部分、どちらに行き過ぎても、「ただの悪い人」か「ありがちな存在」になってしまう。

彼らのドラッグとの向き合い方を見ても本当に紙一重のところでバランスを取っていたのだと思う。(摂取、メディア発言を見ても。ちなみにドラッグの使用を擁護しているわけではない。)

こういったある種のチューニングはガラス張りのネットワークで細い粒度に細分化された今のつながりの中では難しいのではと思う。

インターネット世代と呼ばれる人達が、そうでなかった時代の一番最後の方の時代、つまり大昔でもない時代のエンターテイメントの断片をどう見るのかは興味深い。

ここまで書くと感動よりも刺激や示唆に富んだ内容なのかなと思われるかもしれないが、最終的には感動的な物語に仕上がっていると思う。最後の「マスタープラン」がエンドロールで流れる時はちょっと胸熱になった。

なぜか?それは彼らの一環した「自己肯定」への強い思い、そして母親のペギーさんがいい母ちゃん過ぎること!

僕がずっと彼らのことを好きなのは、もちろん音楽や特異なキャラもだが、何と言っても過去の不幸や逆境に負けない「自己肯定」だ。

余計な同情もいらない、変な攻撃性もいらない、ただひたすら自分の正直に徹して「これでいいのだ」をつらぬく彼らの言葉には勇気付けられる。

以下の動画は最近見つけたんだけど、ノエルがすごいいいこと言っていて(そして彼は多分その自覚なくて)、映画の補強材料としてもよかった。




ペギーさんについては、苦労人で暴力夫から夜逃げして女手一つで男三人育てたのは知ってたけど、2年間も売れないバンドとしてドサ回りをしている息子から「いつかビッグになって楽させてやるよ」と電話で言われ「私が生きてるうちにやってね。お金は今必要だから」と笑って答えるその器量の大きさに感服した。

もやもや感への考察:
オススメと書いたがもやもや感もちょっとある。
映画の締めくくりで彼らの成功はあの時代限定のことで、マジックは今の時代では起き得ない、そして自分達の存在も再現不可な過去のものとして語っている点だ。

当人達的には自分達の偉業は他ではできないという意図も含んでの発言なのだろうが、あれだけ「オレ様」アティチュード全開の彼らにしては少々控えめな発言にも聞こえた。

 本当にこのインターネット時代に彼らのような存在は出ないのだろうか?

 一つだけ言えるのは、彼らのマネをしてもそれはなし得ない点だ。

時代を席巻しムーブメントを起こす人には、必ず (本人が意識してなくとも)「発明」があるのが僕の持論だ。

オアシスの発明はなんだったのだろうか?それは「アティチュード」 の発明だと思う。

綺麗で爽やかな音楽を悪態をつきながら、クリアとシャウトの中間のような歌い方と演奏で発信するという独特の立ち位置だ。

オアシスを構成する、「聴きやすい音楽」、「わかりやすいバッドボーイ」、「カジュアルだけどイケてるファッション」、「レガシーな音楽観」 などの1つ1つは特に目新しいことではなかった。ただ、それらを統合して1つの姿勢、存在にしたことが彼らの新しさだった。

かっこよく言えばロックの再定義だったのだろう。

話は全くそれるが、僕が同じく好きなPerfumeも、個々の構成要素は全く異なるが、同じようにして(オアシス規模でなくても)ムーブメントを起こしたグループの1つだと思う。

彼女達はアイドルを再定義したのだろうし、スティーブ・ジョブズは電話を再定義したのだろう。

そういった再定義によるムーブメントは、そろそろ底をつきつつある感も否めないが、それとは別の「新しい要素による革新的なムーブメント」はまだエンターテイメントに起こる可能性はあるだろうし、起こって欲しい。

なぜなら、善なるムーブメントはたくさんの人に力を与える無限の可能性を秘めているし、それがエンターテイメントの本質だと思うからだ。

最近のムーブメントは、政治やテロに関連した負の側面が注目されがちだが、みんなが楽しく熱狂できて、人生に影響を与えるようなムーブメントもまだまだあるはずだ。

最後に:
後半だいぶんエモいことを書いてしまったが、ドキュメンタリーのいいところは感動と考察が両方得られるところだと思う。
そして、音楽ドキュメンタリーはテレビより映画館で大音量で臨場感を感じながら見た方が良い。

そして・・・

角川シネマ有楽町で見たんだけど、映画館はやっぱりビールとポップコーンは外せんだろーと思った。(ポテチとコーラだとなんだかね・・)

2015年12月2日水曜日

Shinjuku.rbのPayment特集に参加してみて

この記事はQiita Payment Calendar 2015として書いています。

先日Shinjuku.rb #31に参加させていただき、LTをしてきました。

以下、その時の発表スライドの一覧です。(publicなもののみ)









まとめ


Twitter #shinjukurb

振り返りログ


感想

PayPal、Stripe、SPIKEなどの決済サービスの中の人が集まるmeetupってそうそうない小規模だけど豪華な会

決済提供側、利用側双方の率直な意見が聞けてよかった

決済フローはビジネスのコアの1つなので、みんな悪戦苦闘している

決済サービスによって、提供インターフェースやAPI仕様、フロー設計などにばらつきがあり、使う側からすると共通コンポーネント化、汎用化がしにくい

技術仕様だけでなく、決済の仕組みそのものを勉強すると、もっとソリューションの幅が出そう

決済全体だと広いので、PCIDSSとか、トークン決済など的を絞ってやると深い勉強会になりそう

こういう勉強会は貴重なので次回も参加したい!、かつ来年は自社でも行いたいなーと思った夜でした。

懇親会もざっくばらんにいろんな話が聞けて楽しかったです。


2014年12月14日日曜日

MacでSSH ポートフォワーディング+Firefox SOCK5で快適社内WEBブラウジング

自宅から社内のネット環境や自分のPCに入りたい時によく使われる手段として
SSHのポートフォワーディングがあり、
社内からしか見れないWEBサイトに自宅PCのブラウザからアクセスする場合、ブラウザのプロキシ設定にSOCKSを使う(Fireoxはブラウザ独自に設定があるので使われることが多い)方法があるが、

SSH ポートフォワーディング+SOCKS+firefoxなどで検索してでてくるやり方と自分のMac環境でのやり方がちょっとだけ違ったりうっかりミスをする箇所があるのでメモ。

ちなみに、SOCKS使う前は、SSHポートフォワーディングでログインして、X経由で社内PCのfirefoxを起動していたりしたが、とにかく重くて使い物にならないので、この方法にした。

WEBページに限定して使うなら、リモートデスクトップより格段に早いのでオススメです。そして、昨今の社内業務のほとんどはWEBブラウザ内で完結してしまうというクラウド世界なので、ほとんどこれだけで事足りたりする。

ちなみに、SSHポーオフォワーディング、SOCKSなどの説明は他にわかりやすく説明してあるサイトがたくさんあるので、そちらを参考にされたい。

準備:SSHダイナミック転送


よく書かれている例では

ssh -D 適当なポート  ユーザー名@ドメイン

といったようにダイナミック転送で繋げた上で

FirefoxのSOCKSプロキシにドメインとポート指定となるが、

上記はドメインが直接リモートホストの場合で、自分のようにssh/configに

Host MyOffice 
Hostname remote.myoffice.co.jp 
User oreore 
LocalForward 8000 192.168.1.1:22

となどと設定して、

ssh MyOffice (リモートサーバーログイン)

ssh myuser@localhost -p 8000 (ローカルホストに転送してそっから自分の社内PCに入る)

(Macのsshコマンドはlocalhost:8000とか書けない)

といった感じでローカルホストでポートフォワーディングしてリモートにはいってる場合には使えない。

この場合には

ssh -D 任意ポート myuser@localhost -p 8000

とする。

FirefoxのSOCKSプロキシの設定


上記の場合、
ホスト=127.0.0.1にして
ポートはフォワードしてる-p(8000)のほうではなく、-Dのほう(任意ポート)を指定すする。(仕組みを知ってれば当たり前といえばそうだけど)

「リモートDNS」にチェックを入れる(自分の環境だと、これにチェックをいれないと見えないサイトがあった)

これだけなんだけど、エンジニアでないひとやネットワークに詳しくない人、そして自分のようにそそっかしい人の備忘録にはなるかな。
(エンジニアでないひとはそもそもSSHコマンドなんかつかわず、何かしらのリモートデスクトップ使ってるだろうけど。。)








2014年10月24日金曜日

Herokuでファイルホスティングする方法

備忘録。

ファイルホスティング(webサイトの静的ページ=画像とかJSとかCSSを公開する)一般的な方法として最近はAmazonのS3を使うことが多いかと思いますが、Herokuでアプリを公開している場合、特に企業組織で複数アカウント開発している場合、ファイルホスティングのためだけにS3用のアカウント作って、課金も別になりちょっと管理が面倒。

そういうときにHerokuでファイルホスティングするTIPSです。

まだ試してませんが、Herokuエバンジェリストの@ayuminさんから教えて頂いたので一番ベストは方法のはず!

ここで「普通にアプリ内にファイル置くじゃだめなの?」って疑問がある方もいらっしゃると思いますが、Herokuなどのスケール型のPaasだと、リクエスト毎にアクセスされるノード(Dyno)が異なるため、画像などの大きなファイルを置く場合うまくキャッシュされずパフォーマンスに影響がでてしまうので、通常静的ファイル用のサーバーを立てたりします。

では、手順。

1)置くファイル一式をPHPアプリとしてHerokuにデプロイ

(HerokuへのデプロイやGitの使い方は割愛)

「PHP書くのー?」って人もいるかと思いますが、空のcomposer.jsonというファイルを置くだけでPHPアプリとしてみなしてくれるそうです。
あとは、画像とか適当に配置して、git push!

2)Fastlyというアドオンを入れる


HerokuでCDNぽい環境を作ってくれるアドオン。
https://addons.heroku.com/fastly

まあ、今回のTIPSの肝はこれなんですが。

置くファイルの容量や想定するリクエストなどに合わせてプランをチョイス。

S3も安いので単純に価格比較とだどっちがいいか一概に言えませんが
(ただこっちは月額計算で明瞭だし、$5@monthからだから安い)
Herokuで閉じるってのがメリットかと。
あと、展示会とかTV取材で「今日ピーク!」て時に画面でググっとグレード挙げるとかはHerokuの得意技ですね!

以上で、ちゃんとファイルが適切にキャッシュされるファイルホスティングができるはず!

ちゃんと使ってみたら素のHerokuアプリとのベンチマークとか図ってみたいと思います。

2014年5月19日月曜日

2020年のエンジニア像 ~ エンジニアがこの先生きのこるには? ~ powered by AWS に行って来た

先日、こちらのイベントに参加してきました。
http://peatix.com/event/33718

今勢いのある会社さんのCTOや開発部長さんによる、
今後のエンジニアのキャリアのあり方や
エンジニアの組織論、マネージメント論を
自身、自社の体験にもとづき語って頂くとというパネルディスカッション形式。

パネラーは以下の方々。
クックパッド株式会社CTO 舘野 祐一氏
株式会社クラウドワークス 開発担当取締役(元CTO) 野村 真一氏
Sansan株式会社 開発部長 藤倉 成太氏
株式会社nanapi CTO 和田 修一氏

主催はアマゾンさんでした。



現在マネージャということもあり、またもうじき40を迎える35歳エンジニア定年説をとっくにつきやぶってる身でもあることもあり、今後の自身のあり方や、他の会社さんのマネージメント手法などを参考にさせていただこうと思い参加しました。

主催のアマゾンさん含め、どの会社も普段は技術寄りのイベントでお見受けすることが多いのですが、今回はどちらかというと組織論やマインドセット的な話が聞けて、それだけでも新鮮だったです。

以下、特に印象に残った部分走り書き。(聴講していた時のメモ書きほぼそのままなので乱文です。。)

クックパッドさん
技術の会社ではなく、ユーザーのための会社というメッセージを特に採用時には大事にしている(自己満足のためだけでない、カスタマーファーストの精神)

アマゾンさん
95年のファーストローンチ時の画面を表示!
(ネットスケープな感じがなつい!)

初心忘れずということらしいです。

採用については、その人をとることで社員の平均値があがるかを重視している

パネルディスカッション1

ベテランが若手に負けない強みを持ってこの先生きるには?

ベテランはピンをおす速度は遅いがつなげるスピードは早い
(知識と経験)

設計は経験がものを言う

社内のめんどくさいおじさんにならない
つみあげではかなわない
横への展開、総合力
相手への理解力、文章力、プレゼン力

新規技術獲得に注力する人と、事業達成だけで新しいものを得ようとしない人との比較や評価は?

期日、もしくはユーザーにこだわってやっていかないとすぐに若くなくなる

技術のための技術はマスターベーション

何かをかけてこその技術

リーダーシップをとることが大事
(マネージャとかでなくて、ものごとを前にすすめていく)

4人(4社)共通にしてるのは事業コミットを重視している
(「会社の成長速度をあげないひとはいてもらっては困る」など)

パネルディスカッション2

テクノロジースタートアップとして
この先生き残るには?

変化をしつづけることが組織で継続できるかが重要

はやってるものに対応できる組織づくり

会社のビジョンがCEOと握られていて採用にもつながっている

変えることと変えないことの線引き
(事業を進めるのに必要なら変化は必要、なければいらない)

肝心なのは、それを判断するアンテナを失ったらいっかんのおわり

ビジョンと風土以外は全部かえないといけない

sansanさんはMVV全員いえるように取り組んでいる
(やってほしいこと、やってないことを把握してもらう。みんな唱和する)

文化をつくっていく

ユーザーを笑顔に

ユーザーにどう技術を役立てるか?
(テスト改善は、どうユーザーのオペレーションに役立てるか、など)

6年後若手エンジニアはいるか?
(オフショアだけ?)

エンジニアは、技術者というよりクリエーターよりのイメージになりつつある

限られた能力者にはパズルの組み替えをして能力を発揮できる場を与える

多様性

外に出ないエースのようなひとを採用するには、コードチェックが必要

まとめ(自身の総評)

目から鱗というより、むしろ自分が普段思ってることと大体同じことをもっと強い意志で戦略的にやられてる印象があって、ちょっと勇気づけられた感がありました。

個人的にポイントだったのは、

  • カスタマーファーストの精神
  • 事業コミット
  • エンジニアはクリエイター的イメージになりつつある
  • ベテランキャリアとしては、総合力、クリエイティビティの重視
  • よい文化、風土の創造、尊重

でしょうか。

最後に、今後のエンジニアはどうなっていくかという問いに対して

3つのタイプに分類される、

①技術専門職で、次の技術を創造する人

②技術を使ってサービスを届ける人

③エンジニアの組織を作っていく人

という解があったのですが、

僕は今、②だったり③だったりしてて、

②は今後圧倒的に多くなり、(=クリエイターと同じジャンルになる)
①は限られた精鋭に絞られて、
③は必要だけどやりたがる人があまりいなくて人手不足

というのが実情なのではと思います。

この分類には、ぼくも賛成で、キャリアを考える時に、自分の適正とやりたいことが
上記のどれに当てはまるかというところから、磨いていくスキルや経験を考えてもいいのかなと思いました。

それにしても、アマゾンさんは前回のGitHubの社員を招いたハンズオンだったり、今回のディスカッションだったり、自分のツボにはまるイベントを開いてくださります。

次回も期待しています!


2014年4月22日火曜日

Heroku Business Meetup 行ってきました。

今回はいつものエンジニア向けではなく、どちらかと言うとビジネス向けmeetup。
そのせいか、スーツ率が高くいつもより積極的に名刺交換が行われていたよう。

自分は遅れていってしまったが、何人かごあいさつさせていただき、また久々にお会いした方もいて楽しかった。

通常のmeetupに加えてこちらも定期開催されるようです。

久々にLTしたいなー。

印象的だったのは島根からいらしてた行政の方やSIerの方。
なんと、島根はRubyを使うと助成金がでたり、県をかついでRubyを応援しているようです。
さすがMatzさんの地元!

タレントさんの地方おこしとか最近はやってるけど、プログラム言語で地方おこしってなんか斬新。CMとか中吊り広告になったらおもしろいのに。

Ruby県とか。あ、でもエンジニアでないひとは本当の宝石のほうかと思っちゃうか。

なんて、適当なことを言ってみた。




2014年4月16日水曜日

ドラクエはドラクエ8でフォークしてほしかった

スマホ版ドラクエ8を電車や寝る前にちょこちょこやってます。

出たときは高いだの操作性悪いだの巷で言われてましたが(確かにそうかもだけど)、まずまず楽しめてるかと思います。
その辺の意見やレポートはたくさんあるので特に書く気はなかったのですが、やはりどうしても比べてしまうのは、同じく3Dの最新版であるドラクエ10。

ぼくは小学生でドラクエ1をファミコンでやって以来のドラクエファンで、今までの全シリーズやってきてますが、10のオンラインゲーム路線は未だにどうしてもなじめずシリーズ中で唯一、ボス戦を1回やってクリアしないまま決済停止という離脱をしてしまいました。(ボス戦までいったのはドラクエだからって理由で、その名前がなかったらもっと前に離脱してたと思います)

10をやってるときも8のことがちらついてましたが、PS2はもう持ってなくソフトも知り合いに貸したまま行方不明だったのでぼやーとした印象でしたが、スマホ版であたらめてやって10との比較が明確にできたので、ちょっとメモっとこうと思います。

10のオンラインゲームについては、はまってる人はこのうえなくはまってるようなので、そういう人とぼくはドラクエに求めるものが全く違うんだなーってことも8をやりながら再認識できました。で、ぼくみたいなユーザーは多分マイノリティとしてスクエニさんからは切り離されてくのでしょうね。。。。(泣)

以下、ドラクエ8をやって感じたこと。

ドラクエ8のいいところ(主に10と比べて)

 

ストーリーが旧来のドラクエ路線(パターン構成でない)

10がオンライン前提のためか、大陸ごとに同じような構成のストーリーで独立性が高いのに比べ、8のそれは王道のいろんな伏線を経由した1本線になっています。ぼくにとってドラクエの物語性と謎解きは重要なファクターなので、10のモンハンみたいなリアルパーティ向け構成にはいまいち感情移入できませんでした。

世界に他のプレーヤーいない(当たり前だけど)

ドラクエの世界観にどっぷり浸かりたい自分は、10の各人が各々同じストーリーを別々に追ってる(主人公が同時に無数に存在する)って設定にどうしてもなじめませんでした。
特にフィールドやダンジョン。どきどき感やっぱり半減します。

音楽がいい

フィールドのBGMとか「冒険してる!」って気になるし、街の音楽とか、酒場とか10にそのまま使われてるものも多いですよね。戦闘のBGMも疾走感あって好きです。

難易度

これは正直8を初プレイしたときは簡単だなと思いましたが、10はソロでじっくりやるには時間かかりすぎるので、もうちょいソロに優しい(難しくてもいいけど無駄に時間とられなくていい)スペックにしてほしかったです。

昼と夜がある

10の昼夜同じ人物配置と台詞は、オンラインパーティゲームの性質上しかたないかなと思いますが、昼夜でいろんな設定やストーリーの差があるシリーズがぼくは好きです。

グラフィック 

クオリティだと後発の10のほうがいいはずですが、鳥山明感でてるのは8のような気がします。デザインなのかなんなのか。

でもドラクエ10のほうがいいところもある

 装備でグラフィック変化

8の武器と盾だけかわるのはやってて無理矢理感ある。それまでのカクカク2頭身なら妥協できたが7頭身3Dなだけに気になります。クリア後に主人公だけ竜武装にできますが、もうちょっいがんばってほしかった。(容量の問題?)

4人で移動できる

 これも見た目ですが、戦闘中、なかまコマンド、イベントアニメ以外、ほかの仲間の存在を確認できないのはちょいさみしいか。

結論

MozillaからFirefoxが、BlinkがWebKitからフォークしたように、ドラクエもそろそろナンバリングタイトルをフォークして2系統ぐらいになってくれてもいいかなーと思います。

個人的には、あるいみソロプレイ版の集大成8で、オンライン路線とスタンドアロン路線でフォークしてもよかったのではと思ってます。

パズドラの成功もあるし、全てソシャゲー路線にする必要もないだろうし、おじさんは空いた時間でゆっくりドラクエワールドにひたって現実逃避したいのです。

 9のすれ違い通信ぐらいゆるいつながりをPCやタブレット版でもできたらなーと思ってます。